MENU
家の傾き専門店|地盤沈下、地盤改良、家の傾き直しなら家の傾き専門店へ

更新情報

ホーム更新情報神様のお導き

家の傾き専門店

1軒1軒丁寧な仕事で1600棟以上の業界トップクラスの件数を施工させて頂いております。

神様のお導き

先日当社でご契約していただいた、熊本市北区龍田にお住いのA様邸(建築面積94.5㎡、最大沈下76mm

に、補助金の申請で必要となる資料を受け取りにお宅を訪問した際、

奥様が「神様が西川さんをわが家に導いてくれたと思っています。本当に感謝しています。

宜しくお願いします。」と仰ってくださいました。

 

A様邸は熊本市の液状化ハザードマップの【液状化の可能性が極めて高い(上)】の地域に家が

建っていて、家の無料傾き調査の時に、震災直後に奥様は家の傾きによってめまいなどの体調不良が

あったと伺いました(関連記事:家の傾きを直すメリット)。

奥様はすぐに家の傾きを直したいと思われたそうで、応急的に家の一部を土台上げ工法で工事をされた

そうです。

 

奥様は工事後も家の傾きを感じていたそうで、当社が配布したチラシをご覧になり、補助金を使って

家の傾きしっかりと直したいと思い、当社にお問い合わせをしてくださいました。

当社が無料で行っている家の傾き調査では、家の傾きが最大で76mmありました。

また、以前に土台上げ工法で工事をした箇所も70mm近いかたむきがありました。

これは、A様邸が液状化の可能性が極めて高い(上)の地域に建っていて、なお且つ山の谷間を

埋め立てた場所なので、地盤が弱く家が再沈下したと考えられます。

 

奥様は土台上げ工法による工事後も傾きを感じられていらっしゃるので、震災後の2年間はずっと

不安だったとも仰っていました。

安心して生活ができるように、工事を宜しくお願いしますとも仰っていたので、ご安心くださいと

お伝えしました。

 

A様邸のように、液状化危険地域や埋め立て・盛り土をしている地域は地盤が弱い可能性が高いです。

地盤が弱い場合、土台上げ工法や耐圧版工法、鋼管杭工法で家の傾きを直しても再沈下する

場合があります。

再沈下を防ぐためには、地盤をしっかりと改良する必要があります。

 

当社の強みである【地盤ロック工法】は、弱い地盤を改良し、なお且つ家の傾きを直せる工法です。

家の基礎の形状や立地条件によっては、【地盤ロック工法】で地盤を改良し、その後耐圧版工法などで

家の傾きを直す方法も取らせていただいています。

当社では、【地盤ロック工法】を始め、耐圧版工法・鋼管杭工法・土台上げ工法など、各工法での工事が

可能ですので、お客様の家に最適な工法をご提案できます。

 

これから工事をご検討される方、すでに見積りを取っている方は、どのような工法ができる会社なのか

ご確認ください。

中には1種類の工法しかできないので、他の工法はよくないと言う業者もいます。

 

当社は各工法の中から最適な工法をご提案させていただきます。

ご相談・ご説明・家の傾き調査・見積り・代行申請は無料です。

お気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル 0120-949-939

関連記事:液状化対策工事・家の傾き直し工事

     地盤ロック工法による液状化対策・地盤改良工事と家の傾き直し工事

     家の傾きを直すいろいろな工法①

     家の傾きを直すいろいろな工法②