MENU
家の傾き専門店|地盤沈下、地盤改良、家の傾き直しなら家の傾き専門店へ

更新情報

ホーム更新情報大阪での地震

1軒1軒丁寧な仕事で1500棟以上の業界トップクラスの件数を施工させて頂いております。

大阪での地震

6月18日に大阪で起きた地震により被災にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、
亡くなられた方やそのご家族にはお悔やみを申し上げます。

一日も早い復興を株式会社西川社員一同心より願っております。

 

今回大阪で起きた地震は震度6弱でした。

テレビなどを拝見しているとブロック塀が多く倒壊したようです。

建築基準法で、1.2m以上の高さがあるブロック塀に対しては強度を補うための「控壁」と呼ばれる

壁を設置する義務がありますが、この「控壁」も設置されていなかったことでブロック塀が倒壊した

そうです。

現在当社は平成28年熊本地震で被害のあった家の傾きを直す工事をし、微力ながら震災復興の

お手伝いが出来ればと思い、熊本県を中心に活動を続けています。

本震から2年以上経った今でも、多くの家でブロック塀や擁壁のひび割れや亀裂が見られます。

また、多くの家が傾いたまま建っている状態です。

家に傾きがある状態で再び大きい地震が来た時、まっすぐな家よりもより傾きやすい状態なので、

大きな被害に遭ってしまう可能性があります。

また埋め立て地や盛り土をした土地に建っている家は、地盤が弱いことが多く、実際の震度よりも

大きく揺れることがあります。

当社の強みである【地盤ロック工法】は、地盤ロック材と呼ばれる特殊な液剤を基礎の下に

流し込むことで、弱い地盤を改良し強固にすることができます。

地盤を改良することで、液状化対策にも効果的です。

また【地盤ロック工法】は地盤を改良するだけでなく、家の傾きを直すことができます。

【地盤ロック工法】で工事をされたお客様から、

「家の前を大きなトラックが走っても、あまり揺れなくなった」

「地震があった時に、実際の震度より揺れが小さく感じた」

と言ったお話をされたことがあります。

 

埋め立て地や盛り土をした土地に家が建っている方、大きなトラックなどが通ると家が揺れる方、

液状化や地盤が心配な方、家にいてめまいや違和感を感じる方など、少しでも家のことが心配だったり

不安に思われている方は、ぜひ一度ご連絡下さい。

家の傾き調査、見積り、代行申請まで無料で対応させていただいています。

フリーダイヤル 0120-949-939

 

家に傾きがあると考えられるポイント

◇めまい・頭痛・吐き気などの体調不良

◇ビー玉など物が転がる

◇ドアや窓の開閉がしづらい

◇ドアや窓を閉めたときに上部もしくは下部に隙間がある

◇ドアが勝手に開閉する

◇歩くと床がギシギシ鳴るようになった

◇壁紙にシワやヒビがある

◇埋め立て地、盛り土をした場所に家が建っている

◇近隣で家の傾き直し工事をしていた

◇タイルにヒビがある

◇基礎や犬走、駐車場などのコンクリートにヒビや割れがある

◇庭などの地面にヘコミ(陥没)がある

◇排水の流れが悪くなった

 

関連記事 : 家の傾きに関すること

       家の傾きを直すメリット